Paxmaveiti ラフマベティ -君が僕にくれたもの-

ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と魔神の笛」のエンディングテーマ(主題歌)となった、安藤裕子「Paxmaveiti ラフマベティ -君が僕にくれたもの-」が2009年11月25日に発売されました。安藤裕子のシングルは「パラレル」以来の1年8ヵ月ぶりです。

Paxmaveiti ラフマベティ

安藤裕子にとって、ゲームソフトの主題歌というのは初の試みとなりますが、映画「自虐の詩」のエンディングテーマ「海原の月」を制作した経験があり、そのことが今回の制作にも十分に生かされたと思われます。

「レイトン教授」シリーズは、偶然にも安藤裕子自身が元々好きでやっていたゲームシリーズであったため、二つ返事でエンディングテーマを担当することが決まったそうですが、自身がエンディングテーマを担当するということは、エンディングそのものについて知らなければならないことに後から気づき、ゲームをやる前に物語の結末を先に知ってしまうことをとても残念がったといいます。

カップリングは、YMOの「君に、胸キュン。」のカバー。
私の好きな坂本龍一、ねえやんの好きな「はっぴいえんど」の細野晴臣、そして高橋幸宏の3氏による、80年代前半にテクノポップというムーブメントを起こしたイエロー・マジック・オーケストラの代表的な曲。

カップリング曲の2曲目は、安藤裕子オリジナル曲「人生お見舞い」(”暑中お見舞い”の発音で)。少しお遊びの入った安藤裕子初のフォークソングで、基本的にアコースティックギター1本の伴奏で、簡易録音機を使用した手作りのライブ感を出しています。

私は、曲の感想を書くのが苦手なので、ここのブログ記事では早急な感想は述べないことにしておきます。けれども、ただ今言えることは、このシングルは絶対に買って損はありません。もちろん、タイトル曲「ラフマベティ」も素晴らしいですが、カバー曲は基本的にシングルにしか収録されませんので、「君に胸キュン。」を聴きたい方は必携ですし、特に初回限定盤には「人生お見舞い」のTAKE2も収録されていますので、これだけでこのシングルの価値は十分あります。

安藤裕子のニューシングル。それだけで嬉しいものですね。

[収録曲]

  1. Paxmaveiti [ ラフマベティ ] -君が僕にくれたもの-
  2. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
  3. 人生お見舞い
  4. Paxmaveiti [ ラフマベティ ] -君が僕にくれたもの-(instrumental)
  5. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-(instrumental)
  6. 人生お見舞い <TAKE2> (初回盤のみ収録)

コメント

Paxmaveiti-君が僕にくれたもの-
ってめっちゃいい曲ですよね。
マジで、ハマって毎日聞いてます。

2010年5月14日 18:05 |  kobayashi

kobayashiさん、コメントありがとうございます。
ラフマベティはとくにエンディングが素晴らしく、ゲームのエンディングというより、
壮大な映画のエンディングテーマのようで感動しますね。

2010年5月15日 01:07 |  管理人トロル

私自身、『レイトン教授』が好きで、買って遊んでいるので
ねえやんの曲が
魔神の笛のエンディングテーマ曲だと知って
もう、早く曲が聞きたくて無我夢中でゲームを進めましたね。

2010年5月29日 18:01 |  kobayashi

ねえやん自身が『レイトン教授』のファンだったというのも知ることが出来ましたしね。
マネージャーのエジーさんのオススメだったようですが。

2010年5月29日 22:01 |  管理人トロル

ねえやんの曲はどれも個性的で、今回の魔神の笛にもぴったしのEDだと思う。
それにラフマベティという言葉は実は何の意味も子どもたちの間での合言葉だと知り、この曲がもっと魅力的に感じました。

2015年1月4日 08:40 |  匿名

コメントの投稿

ブログ内検索


カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

フィード

* RSS 2.0 Atom

 

    ucadkids