月桂冠 つき CM 「彼女の夢篇」

月桂冠の定番酒つきのCM。
多くの人がそうであるように、私は、このCMシリーズで安藤裕子の存在を知りました。

永作博美と李鐘浩が30代の夫婦役で出演。
「彼女の夢篇」のロケ地は、富士五湖の一つ、山梨県本栖湖。
2005年9月19日~2006年6月2日の間で放映されました。

月桂冠つきCM「彼女の夢篇」

月桂冠つきCM「彼女の夢篇」笹舟

月夜の湖に夫婦が乗った一艘の笹舟が浮かぶ。
湖を泳ぐ妻は水と溶けあい、やがて人魚になると明るい月光の下に消えていく。

その幻想的な映像、水音と沈黙の間の取り方に私は惹かれ、そしてそこに流れるせつなくも甘い安藤裕子の歌声に引き込まれました。
「のうぜんかつら」のデモ音源をそのまま利用したという安藤裕子の歌声は、まるで水中に空間をつくり、そこで歌い、反響しているかのようで、妙に生っぽく絶妙な具合です。 (アルバム収録バージョンよりも私はこちらの方が好き)

濡れた永作博美の妖しいまでの美しさに、夫が忘れかけていた女としての妻の魅力を夢の中で再認識させられるというストーリーなのでしょうか。

「夫婦のつぎは、何になろう。」

月桂冠つきCM「彼女の夢篇」永作博美

2010/10/5 追記
この記事を書いた翌日の本日偶然、日帰り出張で山梨県富士五湖の山中湖や河口湖の近くまで行きました (湖までは行っていないけど) 。 生まれて初めての山梨県でした。 リニアモーターカーの実験施設を一瞬だけ見られたのが嬉しかったです。 でも、このCMのロケ地である本栖湖の方までは行けなかったのと、天気があまり良くなかったので富士山も拝めなかったのがちょっと残念でした。
今度はプライベートで本栖湖まで行ってみようと思いました。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

ブログ内検索


カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

フィード

* RSS 2.0 Atom

 

    ucadkids