CDジャーナル 2010年9月号

CDジャーナル 2010年9月号から、安藤裕子ねえやんの言葉を抜粋。

CDジャーナル 2010年9月号

「私はあまり変化を求めないし、同じ場所にいられるならずっといたいと思っている平和主義者なんです(笑)。」
(『JAPANESE POP』で複数のアレンジャーを迎えたことについて)

「<Dreams in the dark>には”世界中の夢が叶うならいいよ”という歌詞があるんですけど、私は揶揄して書いてるわけですよ。そんなの絶対無理だと思っているから。でも、本当にそう願ってもいいんじゃないかって思わせてくれるアレンジになっていて驚かされましたね」
(ベニー・シングスの編曲について)

「あえてドーンと重い感じの<アネモネ>という曲をお願いしてみたら、私のコーラスが楽器の一部になっていて。怖い美しさみたいな効果を与えるものになっていたんです。この人は変態だって思いましたね。私にとって変態ってのは、褒め言葉なんですけど(笑)」
(宮川弾氏を評して)

「私、人に”頑張ろうね”って言われても生き残れないの。ドン底まで落ちた時は、自分ととっくみあうことでしか前に進んでこられなかったんです。自分に酔いしれてもムカつくし、ウソをつくのにもたえられない。だからようやく自分に安心できる作品というか、いろいろな気持ちが詰まったアルバムができた気がする。浮かれている時は死ぬほど浮かれたほうが楽しいし、落ち込む時は死ぬほど落ち込んでいて当たり前。そういうさまざまな感情を曲として紡いでいく作業を日々しているのかなと思います」
(『JAPANESE POP』は、”日本に生きる我々の日常の機微を歌ったポップ”である)

「頑張ってください」と、安藤裕子ねえやんに直接わざとらしい言葉をかけたことのある私は苦笑いです(笑)
私のようなただの一ファンからだけでなくとも、ねえやんにとって、とても大切な人から言われたとしても、たぶんそうなんだろうな。
自分に素直に、自分と喧嘩して、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、そういう毎日の中でやっと自分ってものを保てる。 自分がほんとの自分になる。 だから、そこに他人の入る余地は無いんだね。 ねえやんの歌はそうして生まれるんだろう。

コメント

トロルさん、みなさん、こんにちは。

ようやく生活も、ネット環境も落ち着いてきたので書き込みします。
例の災害時には、色々の励まし、お気遣い有難うございました。

ねえやんのいう、落ち込むときの過ごしかた、分かるんですよね。 やっぱり血液型って性格出るんだろうか。 
他人がどうこう、ってのでは立ち直れなくて、どん底を自ら確かめてから再浮上するような。

>いろいろな気持ちが詰まったアルバム
正にそういった感じですね。
『私は雨の日の夕暮れみたいだ』、『問うてる』、『歩く』などは個性的というか、詩もただ聞き流す訳には行かないような気になるような詩だし、『アネモネ』はやはり怖さと美しさが共存している感じだし、(私の中では)定番の『ラフマベティ』、『摩天楼トゥナイト』は文句なしに気持ちいい。
なんといっても『マミーオーケストラ』!で私はハイになります。
メリハリがありますよね。

>そういう毎日の中でやっと自分ってものを保てる。 
世の中ウソとホントが混在していて、自分というものと常に向き合っていないとどっちがどっちだか分からなくなる、ちょうど最近そんな気がしていました。

2011年11月6日 15:21 |  ぐりーん

ぐりーんさん、お久しぶりです。
生活が落ち着かれたとのこと、よかったです。

「聞き流す訳には行かないような気になるような詩」というのは、とてもよくわかります。
私は曲調も含めて、体全体がくぎ付けになるような感じです。

現代は、なにかと振り回されやすい世の中。
自分をしっかりと軸にもたなければならない。
でも、自分と偽りのない対峙をすることは、なかなか難しいことですよね。

安藤裕子ねえやんの曲は、音楽としてとても楽しいけれど、
実はとてもストイックな心の深淵から生まれているんですね。

2011年11月6日 17:54 |  管理人トロル

コメントの投稿

ブログ内検索


カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

フィード

* RSS 2.0 Atom

 

    ucadkids