『海原の月』 PVロケ地 No.1 行川アイランド篇

2007年8月4日 「海原の月」 Promotion Video Shooting、あれからちょうど5年後になる今夏2012年8月4日に、私は同日行われていた、安藤裕子も参加していた「ROCK IN JAPAN FES.」に足を運ぶことなく、勝浦の海と緑に会いに、日差しと雨と波と風にもまれてきました。

「海原の月」 PVロケ地は、PVロケが行われた翌年の夏から毎年行こう行こうと一度は心に決めるのですが、「やっぱ遠いなぁ」、「場所がけっこういわくつきだなぁ」、「どうせ閉鎖されちゃってるんでしょ」などと自分に言い訳をして、いつも8/4の直前であきらめてきました。
でも、ここに行かずして、これまで不定期にでもやってきた安藤裕子「聖地巡礼」シリーズは成り立たないぞと自分に言い聞かせ(笑)、今年は気合いを入れた次第です。

行川アイランド
行川アイランド入口正面や駐車場のあたり

海原の月PV
このPV映像の場所は、雰囲気は似ていますが、山向こうの園内側だと思われます。

「海原の月」の主なPVロケ地は、千葉県勝浦市にかつてあった、1960年代にフラミンゴショーなどで有名だった南国風の動・植物園としてのレジャー施設「行川アイランド」(なめがわあいらんど)の跡地というか、建物などはほぼそのまま残されている廃墟です。

その名もずばりの「行川アイランド駅」という駅名から往年の賑わいを感じとれる無人駅があり、そこで外房線の列車を降りて道路を渡ってすぐのところに廃墟は存在します。 まさに人っ子一人いないところでした。

ただの廃墟でも怖いのに、この周辺は、昔からかなりの「いわくつき」の地だったのです。 (周辺住民の方、申し訳ございません)
この近くに「おせんころがし」という断崖絶壁があるのですが、その名の謂れそのものも悲しい物語をもっていますが、さらにその名のついた1952年におこった悲惨な連続殺人事件の舞台の一つでもあるということで、霊感体質がわずかながらある私はビビりぎみであるわけです。

海原の月PV海原の月PV

とりあえず、行川アイランド入口ゲートのところで、スマートフォンにあらかじめ取り込んでおいたムービーの確認をしていたところ、上のPVやPVメイキング映像と、ちょうど今、目の前にある光景が同じであることに、ハッと気づいてびっくりしたのでありました (笑)

行川アイランド 入口ゲート
5年の歳月で、錆びやら塗装の剥げなどの劣化が進んでいます。

ねえやんがいた改札ボックスに入り込んでみると、写真ではわかりにくいですが、大きな蜘蛛の巣が張っていました。 ねえやん目線で見ると、正面は入園券売場になります。

堤幸彦氏の映像マジックで神秘的に見えていたせいか、私は、安藤裕子ねえやんが、なにやら不思議なお風呂みたいなものに収まっているように見えて、まさかあれが改札口だったとは気づきませんでした。
(これ私だけ?)

ゲートを抜けて左に行くと、いよいよ山向こうにある行川アイランドへの入口となるトンネルが現れますが、悲しいことに立入禁止の立て看板とともに封鎖されてしまっています。
行川アイランドは2001年の8月の終わりに閉園されているので、2007年当時のPV撮影チームは特別許可をとって入ったのでしょう。 私も許可をとれば入れた? 誰に許可とるんだろ (笑)

行川アイランド トンネル

かつてここは軍事施設であったらしく、その名残として園内に多くあるという洞窟(トンネル)は弾薬庫だったとのことです。
そういえば「海原の月」のPVとPVメイキング映像中に謎の小さなトンネルがいくつか出てきてましたね。

海原の月 トンネル

ここまでが、行川アイランドでの探索となります。

もちろん、来る前から行川アイランド跡が封鎖されていることは知っていたので、ここでは、正直ほとんど何も得られるものはないだろうとあきらめ半分でいたので、改札口のところの発見は思わぬ大収穫でした。
あと、PVのメイキング映像中のロケ地で激しく鳴いていたセミの声の同じさ加減にも地味に感激。

次は、 『海原の月』 PVロケ地 No.2 岸壁海岸篇 に続きます。

コメント

へぇ~~~~~~っ!!
かなり興味深く読みました。 聖地巡礼。
あの、トンネル内を奥からバルーンが飛んでくるシーン、あれが写真のトンネルな訳ですね。
『海原の月』のPV素晴らしいですよね。
ねえやんのPV、堤監督にこれからも手がけて欲しいですね!

2012年8月16日 10:05 |  ぐりーん

ぐりーんさん、こんばんは。
すみません、誤解を招く書き方になってました。
私が撮った写真の行川アイランドの入口のトンネルは、PVでは登場していません。(たぶん)
サイズが大きすぎますので。
ただ、あのような暗いトンネルが園内には大小いくつかあるらしく、
PVで登場しているトンネルはそのいずれかだと思います。

堤監督のPVはやたらとカット割りが多くて少し目が疲れるのですが、
幻想的で印象的な絵を短いカットで入れ込んでくる表現はぞくぞくしますね。
最近のややシンプル過ぎるPVより私は好きです。

2012年8月16日 18:55 |  管理人トロル

环境真不错啊

2014年1月11日 19:39 |  yuko

コメントの投稿

ブログ内検索


カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

フィード

* RSS 2.0 Atom

 

    ucadkids